マネーフォワードの勤怠管理・給与計算は、わかりやすいデザインで、初めて勤怠管理システムを使う方でも、直観的な操作が可能です。
勤怠管理は、給与計算に比べ難易度が高く、導入するにはハードルが高いです。労働基準法等の法改正に伴った適正なシステム管理が求められます。また、クラウド勤怠ソフトには、変形労働時間、フレックスタイム、みなし労働時間、固定残業時間に対応した機能も備え、煩雑な勤怠管理業務をラクにすることができます。
クラウド勤怠ソフトを導入することで、例えば以下のようなメリットがあります。、

・スマホやPCからの出退勤・休憩の打刻、残業申請、休暇申請が可能です。WEB上で上司が残業・休暇申請の判断を行えば、その結果をWEB上で確認でき、またメールも送信されます。
・打刻もれ、打刻ミスがあった場合は、本人と上司にメールが自動送信されます。WEB上で本人が訂正、上司が許可することで、変更が可能となります。
・残業申請がない場合には、どんなに遅くに打刻しても、定時の退社時間扱いにすることもできます。
・残業時間が一定時間を超えると、上司と本人にアラームのメールが自動送信されます。
・有給日数は勤務年数、過去の出勤率をもとに、基準日に自動付与されます。有給管理簿も自動作成され、WEB上で管理できます。
・休憩時間は、12:00~13:00、残業開始前の15分間といった具合に、時刻または時間で自動設定できます。
・出退勤の途中で打刻を繰り返すことで、休憩時間の開始と終了を設定できます。
・出勤時刻をシフト開始時刻にまるめたり、退勤時刻をシフト終了時刻にまるめる設定もできます。
・シフト開始前、一定時間前に打刻があった場合、上司の承認を必要としたり、打刻ができないようにすることもできます。

他にも優れた機能がたくさんあり、業務を劇的に効率化させることができます。
クラウド勤怠を導入することで、人手不足対策、コスト削減や書類管理の省力化にも貢献できます。
企業様は経営・営業・マネジメント等の本来業務に専念していただけます。
業務効率化を考えている企業様で、興味を持たれた際には、お気軽にお問い合わせ下さい。