障害年金の請求には、ご本人やご家族の方にとって負担となることが多く、受給に至らないケースもあります。年金事務所との折衝、病歴の調査・病院への働きかけ、カルテの開示等の手続きを代理することで、1人でも多くの方が受給できるよう全力でサポートさせて頂いております。ご負担のかからない相談料、着手金無料の丁寧なサービスを心掛けております。

障害年金請求の流れ

ステップ1 お電話かメールでの最初のご相談(無料)

お電話かメールで、まずはご連絡ください。

ご相談者は、請求者本人か、ご家族の方に限らせていただきます。

①お名前②傷病名③初診日(推定でも可)④生年月日⑤ご住所⑥初診日までの年金加入状況(推定でも可)⑦入院歴の有無⑧現在の症状などをお伺いし、障害年金受給の可能性を検証します。

ステップ2.ご自宅、ご指定の場所又は当事務所でのご面談

現在の症状や経過を、具体的にヒアリングします。以下の書類をご持参してください。

① 年金手帳
② 障害者手帳(持参の場合)
③ 診察券(以前かかった病院分も全て)など治療履歴
④ 現在の症状をまとめたもの
⑤ ご印鑑

最初の病院名、転院した場合はその病院名、現在かかっている病院名など履歴を教えていただくために、診察券など第三者が見て確認できるものがあれば、ご持参ください。

当事務所が年金記録を確認する場合、年金事務所へ委任状を提出するため、 ご印鑑(実印)をご持参ください。ご面談の所用時間はおよそ1~2時間程度です。

ステップ3 障害年金 納付要件の確認と請求方法の決定

ご相談日から3日以内に保険料納付要件を年金事務所にて当方で確認致します。
納付要件を確認できましたら、契約書を郵送致します。残念ながら納付要件が満たなかった場合は、請求の手続きには進めません。
当事務所にご依頼いただく場合は、委任状、報酬同意書に記入した上で契約完了となります。

ステップ4 請求書類の準備

依頼者様と契約が成立した場合、当事務所で必要書類をご用意します。
依頼者と密に連絡を取り合いながら、受給に結びつく書類を準備します。

① 障害年金請求書
当事務所で記入代理することができます。

② 受診状況等証明書
初診日に受診した主治医の先生にご記入いただくものです。

③ 診断書
主治医の先生への診断書作成依頼の書類をご用意します。
障害認定基準など診断書作成に有益な資料のご用意、診断書の各項目
の「日付」など不備の発生しやすい箇所について医師へ正しくお伝えします。
必要に応じて、病院へはご依頼人の受診日に合わせて同行して、
直接医師へ診断書作成を依頼します。

④ 病歴・就労状況申立書
ご本人がご記入するものですが、ヒヤリングを通して要点をお聞きし作成することも可能です。
診断書との整合性がとれているか確認します。

⑤ その他書類
住民票・戸籍抄本・配偶者の課税証明書など。
状況により、必要に応じて準備します。
例)医師の意見書、代理人の申立書など
障害年金の受給額や受給の可否に直結する重要な書類を必要に応じて工夫して作成します。

ステップ5 医師に「受診状況等証明書」の記入依頼

ステップ6「病歴・就労状況等申立書」の作成

ヒアリングと受診状況等証明書をもとに作成します。

ステップ7 医師に「診断書」の記入を依頼します。

ステップ8 病歴就労状況等申立書・受診状況証明書・診断書のチェック

ステップ9 障害年金 裁定請求書類の提出

当事務所で代理申請致します。
提出された診断書、受診状況等証明書、病歴・就労状況等申立書等の記入内容に審査上の疑問がある場合又は添付した書類に不備がある場合、年金機構より医師の照会、返戻、追加書類の提出などの連絡が入ることがあります。

前記ステップ1~5まで(最初のご相談から提出(請求)まで)、敏速に行えるように全力を尽くします。
診断書や初診日証明など、病院の医師に依頼する文書の出来上がりに時間がかかるとその分、提出は遅れますことをご了承ください。
医師による文書作成が2週間程度の場合、ご依頼のあった日から2カ月程度で提出することを目処としてください。
また、請求書類一式はコピーをお渡しします。

ステップ10 裁定決定

書類提出後、3か月~6カ月くらいの間に、年金事務所より書面が依頼人ご本人へ届きます。
(当事務所でも確認します)
受給決定の場合は、年金証書が届きます。
届きましたら、必ず、当事務所へご連絡ください。

ステップ11 受給開始

障害認定日請求の場合は、認定日の翌月から支給されます。 場合によっては、さかのぼって過去5年間分が支給されます。
事後重症の場合は、請求日の翌月から支給されます。
受給が決定したら、年金事務所で初回振込日と初回振込額の確認を行い、お知らせします。
2回目からの年金振込日は「偶数月の15日」です。