遺言書原案作成業務の流れ

1 依頼者様との面談・相談

確認事項として
・遺言作成の動機、遺言作成意思・能力
・推定相続人の状況
・保有財産の現状
・依頼者様の希望する遺言内容
・報酬
※遺言者様以外の方が相談に来られた場合、後日必ず遺言者様と面談します。

2 業務受任

委任状・報酬同意書に捺印、提出していただきます。

3 推定相続人調査

・湯言者の出生から現在までの戸籍謄本を市町村役場で取得し、推定相続人を確定します。
※遺言者が独身、子供がいない場合は、推定相続人が兄弟となるため、遺言者の両親の出生まで遡って戸籍謄本を取得します。
・推定相続人が確定後、遺言者の推定相続人が誰であるかという事実を証明する書面である「相続予定関係説明図」を作成します。

4 保有財産調査

・相続予定財産に係る調査を行い、その結果に基づいて「相続予定財産目録」を作成します。

5 遺言書原案の作成・ご提案

「相続予定関係説明図」「相続予定財産目録」を参照しながら、遺言者様の希望に沿った「遺言書原案」を作成します。

6 公証人との打合せ・日程調整

・戸籍や財産資料、遺言書原案を持参し、公証人と打合せ(公証人打合せ代行)
・公証人からの公正証書草案・手数料等を依頼者に確認・校正

7 遺言者へ公正証書作成日等の連絡

8 公証役場で遺言公正証書を作成

・作成期日に遺言者様と一緒に公証役場へ赴き、証人2名の立会いのもと公正証書を作成します。
・公証人が遺言者及び証人に読み上げた遺言内容に間違いがないか確認し、遺言者、証人、公証人の順に署名・捺印する。
<公正証書作成当時に必要なもの>
・遺言者の実印
・遺言者の印鑑証明
・証人2人の認印(シャチハタ不可)
・公正証書作成手数料実費

9 遺言公正証書の確認・遺言者への引き渡し

・原本は公証役場で保管し、正本と謄本を公証人からもらいます。事務所で内容を再度確認し、当事務所が遺言執行者として依頼されている場合は正本を保管し、謄本を依頼者様に渡します。

10 報酬受領・業務完了